ビジネスに使われる

近年は、多くの方がテレビ・youtubeを利用して「映像・動画」を観覧しています。
その観覧者の為に制作することを、「映像制作・動画制作」と呼んでいるのです。
映像制作と動画制作はほぼ同じ意味ですが、若干の違いがあります。

映像制作とは、テレビ番組で制作する際に使われている言葉です。
カメラを利用して、テープに映像を収録する事を映像と呼んでいました。
その為、カメラを利用して映像を収録するテレビ番組に映像制作という言葉が使われています。

近年では、インターネットの普及と共に映像の用途が増えています。
それに伴い、ビデオテープに収められていた映像の情報はデータ形式で持ち運びが出来るようになったのです。
そして、映像を観覧するのはパソコンやスマートフォン、そしてタブロイド端末でも見る事できます。
インターネット内を利用して観覧する映像を「動画」と呼ぶようになり、インターネットに向けて制作する動画を「動画制作」と呼ぶようになったのです。
ちなみに、動画制作は元々はアニメ業界で使われていた言葉だそうです。

近年はテレビやネットという利用者の趣味の為・映像・動画制作するだけでなく、ビジネスにも利用されています。
そして、タブロイド端末・スマートフォン端末を利用した電子カタログが注目されています。
電子カタログは、Web上で観覧するカタログの事です。
スマートフォン・タブロイド端末で電子カタログを利用すると、利用者は場所を問わずに手軽にカタログを見る事が出来ます。
そして、電子カタログは静止画と動画を観覧する事も可能です。
だから、電子カタログ用の動画制作を行い自社のアピールをする企業が増えています。

イチ押しリンク

企業vpや採用活動などの動画制作ならこちらへ;ドキュメンタリープロモーションビデオ
本格的な映像制作が依頼できる会社/株式会社パワー・アイ
動画制作や動画マーケティングの依頼が集中しているのはこちら;クラフトクリップ